ファイナンス・経営戦略

弊所のファイナンス部門では経営資源である「ヒト・モノ・カネ」を会社様ごとに分析していきます。
また、キャッシュフローを考え、資金調達のお手伝いをし、経営戦略につなげていきます。

CF(キャッシュフロー)

儲かる会社と聞いて皆様はどういったことを思い浮かべるでしょうか?
〈利益が多い〉〈利益率が高い〉〈粗利が高い〉〈お金が手に入る〉
だいたいこのようなイメージではないでしょうか。
これらすべてが間違いではないですが、ファイナンスの考え方では正解は〈お金が手に入る〉です。
ファイナンスではすべてお金を基準にして物事を考えます。
事業の継続・撤退、新規事業の参入、リスクとリターン……。
その他、経営や事業に関わる意思決定を現在と将来に対するお金の出入りで行います。
当事務所では、会計の観点にファイナンスの考え方を加えることで将来に渡った〈儲け〉を導きます。

資金調達

中小企業では資金調達の大半が借入で行われ、使用用途としては運転資金の補填か事業用資産の購入に充てられます。
しかし、資金調達を行うとキャッシュの安定性は保たれるものの、債権者に元金の返済と利息の支払いが付いて回り、それが経営を圧迫するケースも少なくありません。
実際にいくら借りたらいいのか、どのくらいの金額であれば返済可能かを事業内容や会計の数字から求め、経営者様と一緒に金融機関へ融資相談をすることで、金融機関との連携を図り、スピ-ディーに必要資金の調達を可能にすることが当事務所の役目と考えます。

経営戦略

経営者は常に事業の行く先を見据えている中で、事業の展開や縮小、新規事業への取り組みなど課題が山積みです。
しかし、課題に関する思考の順序がバラバラだと考えをうまくまとめることが難しいので、経営戦略をもって真剣に向き合うことが非常に大切です。

自社のどういった強み・サービスをどこの市場と領域で、どの顧客に展開していくのかを分析して、それらをふまえて経営戦略を決定します。
そして、事業計画に数字を落とし込むことで事業活動の短期・中期目標をたてていきます。
さらに事業の結果を会計数字で分析することで、経営判断に役立てます。

bnr_contact_a

PAGE TOP